保険を考える

書類とペン

よくファイナンシャルプランナー家計診断を依頼するときに、家計診断の基本としては保険の見直しがあります。では、保険の見直しとは具体的に何をするのでしょうか、それはまず国の制度、そして勤めている会社の福利厚生などから確認をします。最後に民間の保険の比較を行います。なぜ国の制度から確認をするかというと、民間の保険とは国民健康保険や会社の福利厚生制度などではリスクがかばいきれない部分を民間の保険でカバーするために加入をします。制度をよく確認したら、会社の福利厚生制度で対処できていたのに同じ保障がある保険に加入していたということが分かると、それは無駄な保険料をはらっていることになりますのっで、家計診断をすることで無駄を省くことができます。

自分の生活を守る仕組みとして国の社会保険制度があります。そして、企業の補償制度があります。それでも足りない部分を民間の保険で補足するのです。たとえば、死亡保障を一例とすると、国の補償として遺族年金や遺族厚生年金があります。また、勤めている企業の保障制度として死亡退職金などがあります。それで足りるのであればもんだいないのですが、不足分は遺族の方が勤労収入で賄っていけるのか、足りない部分は民間の保険を利用するのかを決めればいいのです。準備しなくてもいいのに余計な保険に加入しているケースが多いので、そこは家計診断をファイナンシャルプランナーに依頼することで、保険に限らずトータルでバランスよくみてくれます。